IT導入補助金、5月27日より受付開始

リンクスの加世田です。

ちょっと前に年越ししたばかりのように感じていたのに、もう4月です。年を重ねるごとに時間の流れが速く感じられるようになるのはなぜでしょう?

諸説ありますが、よく耳にするのが「ジャネーの法則」と呼ばれるもので、年を重ねるごとに心理的時間が短くなるという説。これによると寿命80年とした場合に心理的には20歳の時点で人生の半分に達しているらしい。

なんだか難しい話なので「充実してるから短く感じているんだ」と無理やり自分を納得させています。

 

さて、新年度もスタートし、新たな元号も発表されました。
平成から令和に変わることにより、必要になってくるのがシステムのバージョンアップや改修。西暦ではなく和暦を使用する官公庁などは改修に1億程度かかるところもあるとか。

みなさんの会社でお使いのシステムは大丈夫ですか?これを機に大幅な改修を検討されている場合は、「IT導入補助金」の活用とお勧めします。

2年前からスタートした「IT導入補助金」ですが、今年度分の詳細が明らかになってきました。

1次公募が5月27日からスタート。

補助内容も大きく変更され、補助金の下限は40万円、上限が450万円と前回に比べ大幅に増加しています。予算枠が前回の500億円より減額されそうなので、結果的に採択率は厳しくなる傾向になりそうです。

なお、補助率は1/2なので、最低でも80万円以上のシステム導入しか対象になりません。また、補助対象として承認を受けているソフトウェアのみが対象となります。対象となるソフトウェアは随時発表されますので、IT導入補助金のHPでご確認下さい。