人生も 経営も 『七転び八起き』

現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』にハマっている

リンクスの田村です。

 

このドラマはインスタントラーメンを生み出した日清食品創業者である

安藤百福氏とその奥様・仁子さんの夫婦をモデルとした物語となっていますが、

今週はいよいよ!長谷川博己さん演じる立花萬平が、

「家でも誰もが簡単に作って食べられるラーメンを作ろう」と思いつき、

頭を悩まし試行錯誤を始めました。

これからドラマがどんな展開になっていくのか、ますます楽しみです。

私はこのドラマに出てくる立花萬平・福子夫婦を通して、

人生の紆余曲折…

人生の流れ…

人生の波…

山あり谷あり…

といったことを常々感じながら観ていますが、

一貫して

どんな状況に陥っても決してあきらめない

どんな状況にあっても相手を信頼し、相手を信じ貫く

ことの大切さが、

このドラマからメッセージとして私には伝わってきます。

 

起こる出来事にはすべて意味があり、

一見「悪い」と捉えざるを得ないような出来事であってさえ、

それは人生を長い目で見てみると

何か「気付き」を得るための必然なのかもしれません。

数字的なことを言えば、

経営にはどうしても「不安定」はつきものですが、

たとえどんな状況下にあっても「ブレない」経営指針を持つことが

経営者には大切になってくるように思います。

 

経営者の皆様、本日も頑張りましょう!

私どもリンクスは、ドラマに出てくる立花福子のように

内助の功で皆様を全力で支え続けます。